SCALO MILANO OUTLET&MORE(スカロ ミラノ アウトレット&モア)をご紹介


SCALO MILANO OUTLET&MORE (スカロ ミラノ アウトレット&モア)

今イタリア全土でいくつも存在するアウトレット。

ミラノから日帰りで行けるアウトレットもたくさんとは言えないけれど、複数存在しているので、貴重な時間を使ってどのアウトレットに行くのかは慎重に選びたい!

スカロ ミラノはミラノ市内から日帰りで行くことができるアウトレットの中で、大きすぎず小さすぎずの規模でミラノ市内から公共交通機関を使っても行くことができる魅力的なアウトレットです。

アウトレットは通常公共交通機関を使っていくのは不便なので、スカラ ミラノはその点で他のアウトレットとは大きく違っています。

 

スカロ ミラノ アウトレット&モアのある場所の特徴

ミラノの南側に位置するスカラ ミラノ。

ミラノ県内にあるある程度の規模のアウトレットは今現在このスカラ ミラノだけで、通勤圏内の場所に位置しています。

インフォメーション付近の入り口

※画像をクリックすると拡大します。

ミラノの中心地から車で移動していくと、環状線を越えたすぐの位置にはマンションが見えますが、そこを過ぎた田園風景に入ってからほんの少しいった感じの場所にあるので、車でいっても交通機関を使って行っても、都会と田園風景の両方を見ることが可能なので、ミラノ市の構造を理解するのにも役立ちます。

移動時間が長いと思わない距離感。

ミラノから遠すぎず近すぎず。

ミラノからほんの少しの時間で遠足に行くような感覚ですね。

※画像をクリックすると拡大します。

公共交通機関を使ってスカロ ミラノに行くこともできますが、私のオススメはシャトルバス。
ミラノ中央駅近くのレプッブリカ広場から無料のシャトルバス(サイトから予約したほうが安心)で行けば、アウトレットの入り口まで連れて行ってもらえるし、降りた所から帰りのシャトルバスがでるので安心です。
公共交通機関利用だと荷物が多いと大変だし、イタリアあるあるのストライキに巻き込まれる可能性もゼロではない!

スカロ ミラノはミラノ県内にありますがミラノ市内ではないので、帰りにタクシー利用はタクシーを電話で呼ぶ必要があるし、タクシーは呼ばれて時点でメーターを始動するので、けっこうな金額になるのでご注意ください。

 

スカロ ミラノの特徴

ミラノから日帰りで行くことができるアウトレットとスカラ ミラノの違うところは、なんと、スカラ ミラノには家具やインテリアのブランドは入っているところなんです!

※クリックすると画像が拡大します。

ミラノでは毎年4月(コロナでここ数年は4月に開催されなかった)に開催される大きなインテリアの見本市、「サローネ」でも注目をされるような有名ブランドの家具、インテリアのお店がここ、スカロ ミラノでは見ること、購入することが可能!

実際に購入するとなると、大きさなどの問題もあるし、特にイタリア国外に住んでいる場合委には無理があるかと思いますが、見るだけでも楽しい♪

ミラノ市内の店舗では少し入りにくい雰囲気かもしれませんが、ここ、アウトレットのスカラ ミラノではハードルが低いので、店内に入って近くで素敵なインテリアをみることができますよ!

こういう場所はなかなかないのでおすすめです。

 

スカロ ミラノ アウトレット&モアで購入できるもの

プラダ、グッチ、アルマーニといった、世界や日本で一般の人でも普通に知っているハイブランドのお店はありませんが、トラサルディやロメオジリなども入っているし、プーマやリーバイスといった、スポーツ、カジュアル系のブランドもあります。

※クリックすると画像が拡大します。

靴や下着、日用雑貨やチョコレート、化粧品などのお店もあるし、子供服やおもちゃのお店もあるので、子供用のものも購入することももちろん可能。

購入できないのは、今のところタバッキ(タバコや切手、絵葉書などを売っているお店)がないので、はがきを出すのに切手が欲しいとか、たばこやテレフォンカードなどが欲しかったとしても購入することはできません。

雑誌や書籍を売っているお店もいまのところ入っていません。

スカロ ミラノに到着したら、まずインフォメーションに行って、「I LOVE SCALO MILANO」カードを無料で作成することをおすすめします。
このカードで、アウトレット価格からさらに割引してもらえる場合も多いし、ポイント加算で次回からお得なこともあるので損はないですよ。

 

 

スカロ ミラノではアペリティーボがおすすめ

スカロ ミラノには、本格的なレストランは現在ありませんが、世界的に知られるファーストフード店や、さくっとコーヒーを飲んだりアペリティーボ(本格的な食事の前の食前酒とおつまみ)ができるお店はあるので、お腹がすいても困ることはありません(笑)

さすがイタリア‼

※クリックすると画像が拡大します。

車やバスで到着する階からひとつ下がったところにフードコートがあります!

到着階にもコーヒーと飲んだり軽食をとったりすることができる店舗はありますが、1つ下がった階のフードコートのほうがいろいろ選べるし便利かもしれません。

ただし!

ウイークデーはそんなに混雑しないので、時間によって閉まっている飲食店が多いことはご承知おきください。

私の個人的おすすめは「ROSSO POMODORO」のアペリティーボ。

※クリックすると画像が拡大します。

お店の看板にもかいてある値段7ユーロ(2022年9月現在)で、ワンドリンク(ビールやスプリッツ)と小さな窯焼きピッツァかお揚げ物ミックスのチョイスができるんです👏

※お客さんが少ないとやっていなかっり、ピッツァのみだったりするので要確認(笑)

揚げ物ミックスもおいしいのですが、個人的にはちょっと重いのでピッツァをおすすめいたします。

ピッツァはマルゲリータだけで、チョイスはできません。
アペリティーボではなく、食事であればもちろん選択可能ですよ~

シンプル イズ ベスト⁈

もちろん他のお店でもアペリティーボをやっているので、いろいろある選択肢のなかからお選びください。

 

SCALO MILANO(スカロ ミラノ)詳細

名称:SCALO MILANO OUTLET&MORE
住所:Via Milano, 5, 20085 Locate di Triulzi MI
電話:+39 0290470350
WEB:scalomilano.it/
営業:10時00分~21時00分

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミラノ情報へ
にほんブログ村


関連記事

  1. FIDENZA VILLAGE(フィデンツァ ヴィレッジ ア…

  2. 世界有数のファッションの街 イタリア ミラノ

  3. 総合フードマーケット EATALY MILANO SMERA…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ一覧
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。