イタリア ミラノのお城 スフォルツェスコ城の見どころをご紹介


ミラノのスフォルツェスコ城

イタリアの中では近代的なイメージのある街、ミラノですが、お城があるんですよ、スフォルツェスコ城💛

シンデレラとかがいるような感じではまったくないです(笑)
スフォルツェスコというのは「スフォルツァの」という意味で、スフォルツァ家、人の苗字。

 

スフォルツェスコ城の歴史と特徴

スフォルツェスコ城は、もともとはスフォルツァ家の前にミラノの実権を握っていたヴィスコンティ家によって1300年代半ばに要塞として建設されたもので、ガレアッツォ・マリア・スフォルツァの時代から華麗な宮廷に変貌、というわけ。

ツアーにも入っていることが多いと思いますが、最近の日本のツアーはミラノの滞在時間がとっても短いので、もしかしたら含まれていないこともあるかと思います。ツアーにお申し込みになる際にはよーくチェックしてくださいね。

スフォルツェスコ城

スフォルツェスコ城

※クリックを押すと画像が拡大します。

ここは実は見どころ満載なんです~

内部は博物館として見学可能なんですが、それがものすごくいっぱいあるのに、日本のガイドブックではおそらく紹介さてていないんですね( ;∀;)
見学時間が限られている日本のツアーでは仕方がないし、イタリア人、ミラネーゼ(ミラノ人)でも、もしかしたら知らないかもしれないので、仕方がないかもしれません。

それにしてももったいない!!!

  • 古代美術館(Museo D’arte Antica)
  • 絵画館(Pinacoteca)
  • 古代エジプト博物館(Museo Archeologico Sezione Egizia)
  • 装飾芸術美術館(Museo dell Arti Decorative)
  • アンティーク家具・木彫博物館(Museo dei mobili e delle sculture lignee)
  • 楽器博物館(Museo degli Strumenti Musicali)

などなど、全部みようとしたら丸1日かかること間違いなしです。

 

スフォルツェスコ城でのおすすめ

スフォルツェスコ城が一番輝いていたのは、何といっても ルドヴィコ・マリア・スフォルツァ(Ludovico Maria Sforza)の時代です。
イル モーロと呼ばれていた彼ですが、彼のもとに来たのがドナート・ブラマンテとレオナル・ド・ダヴィンチという、ルネッサンスの大巨匠!!!

それを聞いただけでもロマンを掻き立てられますよね~
日本で大河ドラマになったら、視聴率ものすごいだろうっていう時代なんです。

ちょっと実感わきましたか?

イル モーロの人生だけでも、大河ドラマで高視聴率とること間違いなしです!

優秀な芸術家と美女(側室といってもいいかも)、それを取り巻く時代背景、どこをとっても見どころ満載(笑)

中庭からみたスフォルツェスコ城

中庭からみたスフォルツェスコ城

※クリックを押すと画像が拡大します。

ということは

ここにもレオナルド・ダ・ヴィンチの何かがあるんじゃないかな?って思いますよね!
あるんですよ、アッセの間と呼ばれる部屋が。

2019年はレオナルド・ダ・ヴィンチ没500年ということで、特別に公開されています。

Leonardo mai visto(見たことのないレオナルド)

ということで2020年の1月で終了予定が、好評につき4月まで延長になっていますが、もしかしたら、されに延長される???
とにかくこれは見る価値大有りなので、ぜひご覧いただきたい!

ロンダニー二のピエタ

ロンダニー二のピエタ

※クリックを押すと画像が拡大します。

そしてもう一つ、絶対に見逃してはいけないのがミケランジェロの遺作!!!!!!!!

このお城でミケランジェロが作品を彫っていたわけではありませんが、なんといってもあの有名なミケランジェロの遺作ですよ、遺作!
しかも間近で見学できちゃうんです。予約も特にしなくても、です。
普通に考えたらありえないですよ‼

こんな感じで地元の子供たちも見学に来ています。

ほとんど真剣に聞いているけど、約2名は飽きてた(笑)

ほとんど真剣に聞いているけど、約2名は飽きてた(笑)

 

こんな幼いころから本物をこんな近くで見ることができるなんて、凄すぎます‼

こうやってイタリア人の美的感覚は育成されていくんでしょうね♡

 

見学日程に関する注意点

毎月第一日曜日は要注意!

入場料がいろいろな博物館、美術館で無料になるんです。(いつ変わるかわかりません!)
スフォルツェスコ城は今のところ(2020年2月現在)その日は半額の5ユーロになるようですが、とにかく長蛇の列。

海外からの観光で来る時間がない人たちにとっては避けたほうがいい日であることは確かですね。

スフォルツェスコ城

スフォルツェスコ城

※クリックを押すと画像が拡大します。

 

時間を持て余しているなら、いつもよりお得な金額で見学利点はありますが、ゆっくり近くで見学はまず無理ですね。
月曜日は休館なので、外観と中庭は問題なく見学できますが、博物館の入場はできません。

 

その他のおすすめ

わんこ連れのお散歩組も多いし、ここにはにゃんがいっぱい💛

動物好きにはたまらないですね!

にゃんこ天国

にゃんこ天国

※クリックを押すと画像が拡大します。


80匹ぐらいいると聞いています❕
みんなかわいい♡

街中では戸建てはほとんどないので、野良ちゃんはほとんど見かけないので、市内でにゃんをみたいならココ!ですにゃ~

 

まとめ

日本では考えられない大巨匠の足跡と作品を鑑賞できるスフォルツェスコ城。

ちょっと時間を割いて来る価値は十分あると思いませんか?

アッセの間 天井

アッセの間 天井

※クリックを押すと画像が拡大します。

 

レオナル・ド・ダヴィンチとミケランジェロだけでも、見る価値十分すぎるほどあると思うのは私だけではないはずです。

 

スフォルツェスコ城詳細

名称:CASTELLO SFORZESCO
住所:Piazza Castello, 20121 Milano MI, イタリア
電話:+39 02 8846 3700
WEB:milanocastello.it
営業:博物館 9時~17時30分(最終入場17時,  月曜、12月25日、1月1日、5月1日休館)

にほんブログ村 海外生活ブログ ミラノ情報へ
にほんブログ村


関連記事

  1. イタリア ミラノ郊外のレオナルドの渡し船をご紹介

  2. イタリア ミラノのビットリオ エマヌエーレ2世 アーケードを…

  3. イタリア ミラノの美術館 ピレッリ ハンガー ビコッカをご紹…

  4. イタリア ミラノ郊外のキャラヴァッレ修道院をご紹介

  5. イタリア ミラノの美術館 ポルディ ペッツォーリをご紹介

  6. イタリアの経済の中心地 ミラノについてご紹介

ブログ一覧
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。