イタリア、ミラノの年末年始


イタリアでの年末年始の楽しみ方

イタリアは日本と違って、基本、キリスト教徒信者の国なので、日本のクリスマスやお正月とは違う点が多いんです。
ですので、観光目的で年末年始にイタリアを訪れる場合、いくつか注意点があるので、以下、ご紹介していきましょう。

 

イタリアではクリスマスと復活祭が最大の行事

カソリック信者が’多いイタリアでは、クリスマスは宗教行事。

普段から定期的に教会に通う人はそう多くはないですが、クリスマスや復活祭のミサには参加するという人たちは多いんです。

復活祭の祝日は毎年変わるので、カレンダーのチェックが必要ですが、クリスマスの祝日は毎年12月25日。
翌日の12月26日は聖ステファノ(最初の殉教者で石投げつけ刑で命を落としました)も祝日。

そう、12月25、26日と必ず連休になります。

12月24日のクリスマスイブは、平日ではあるのですが、営業時間を短縮するところが多いので注意が必要!

私がミラノに来たばかりの時は、12月25日は地下鉄やバスといった、交通公共機関もランチ時間の前でおしましだったぐらいで、今はそこまでではないにしろ、いつもとダイヤが違うし、だったらタクシー使えばいいやといっても、クリスマスはみんな家で家族と過ごしたいので、なかなかタクシーも見つからない~。

 

ミラノ名物、ミラノ風カツレツ

ミラノ名物、ミラノ風カツレツ

※クリックすると画像が拡大します。

そして、観光でイタリアに来る人達にとって、最大の問題は食事。

クリスマスと大晦日、元旦は、営業しないレストランがとても多いうえに、特別コースメニューの予約のみが一般的‼

事前に開いているレストランをチェックして、予約をしておかないと、とっても悲しいクリスマスや大晦日、元旦を迎えることになりかねません。

「ミラノ風カツレツ食べたかったのに😢」

なんてことになっちゃう。

クリスマスや大晦日特別メニューには、ミラノ風リゾットやミラノ風カツレツ、ないことがほとんどなんで…………

普段とはちがうちょっとおしゃれで高級な感じの料理、もしくは、日本の年越しそばのような、その時に食べなきゃっていうものがメニューに入っているからです。

 

中華レストランは開いている場合が多い

中華レストランは開いている場合が多い

※クリックすると画像が拡大します。

せっかくイタリアでお洒落なクリスマスや年越しを期待していたのに、開いているレストランが中華料理しかない。

開いていてくれるだけありがたいと、イタリア生活20年越えの私は思うわけですが~

せっかく長時間飛行機にのって日本からイタリアに来たのに、しかも、クリスマスや大晦日のような特別な日なのに

「なんでわざわざ中華料理なのよ!」

ってことになっちゃったりするわけです。

 

イタリアの中華レストランは、閉まっていることが少ないし、安いし、イタリア在住日本人にはとっても助かる存在ですが、日本からせっかく来ている、短期滞在の日本の方が、クリスマスや大晦日に、意図しないでっていうのは悲しいと思います。

美術館、博物館はクローズで、教会も観光客は入れない

問題は食事だけではありません。

美術館、博物館といったところも閉まっている可能性がものすごく高いし、イタリアに来たら絶対に訪れたい教会も、宗教行事で観光客が入場できない‼

ミラノの大聖堂(ドゥオモ)内部

ミラノの大聖堂(ドゥオモ)内部

※クリックすると画像が拡大します。

もちろん、外から外観を見ることはできますが、せっかく来たのに中に入れないなんて、悲しすぎる。

しかも、教会入れないなら、美術館に入ればいいやっていっても、そっちも閉まってる。

博物館だって閉まってるし。

じゃあバールでもっていったって、そうそう長く座っているのも辛い。

結論から言うと

クリスマスと大晦日と元旦当日のイタリア観光旅行は避けたほうがいい

これに尽きます。

 

クリスマスのイルミネーションは素晴らしい

「でもイタリアのクリスマスの街並み、きれいそうだから絶対みたい!」

という方々も多いと思うし、私もぜひ見ていただきたいと思っています。

毎年恒例、スワロフスキーのクリスマスツリー

毎年恒例、スワロフスキーのクリスマスツリー

※クリックすると画像が拡大します。

イタリアでは、通常12月8日(無原罪の御宿り)の祝日から、ミラノは12月7日のサンタンブロージョ、ミラノの守護聖人の祝日の日から、1月6日(エピファニア)まで、クリスマスイルミネーションが続くんです。

年々前倒し、後倒しで、実際はもっと長い期間続きますが、確実に見たい!という方は、12月8日~1月6日の間をおすすめします。

その時期はクリスマスマーケット(今年、2020年はコロナの影響で中止)もあるので、通常と違う楽しみが!

実際に買わなくてもいろいろなお店があるし、味見をさせてくれるところも多いので、毎年楽しみにしているイタリア人もいっぱいいるんですよ❤

 

ミラノは、12月7日はスカラ座の初日だから、当日のお昼すぎあたりから、スカラ座近辺は初日公演にくるVIPをお迎えするいつもと違う雰囲気が味わえるし、スフォルツェスコ城では(昔はサンタンブロージョ教会付近で開催)オベイ!オベイ!と呼ばれる縁日が!

 

街の中にもそれぞれのお店にもツリーや飾りがいっぱい

ミラノ発祥のクリスマス定番ケーキのパネットーネだけでなく、美味しそうなお菓子を飾ったお菓子屋さんや、それぞれセンスを競うがごとく飾り付けたお店の数々、街の広場に設置されるクリスマスツリー。

ぜひご自身の目で確認しにいらしてくださいね❣

 

 

2021年の様子はこちら  ⇒  https://youtu.be/d2Pi7Yi3cPA

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ミラノ情報へ
にほんブログ村

関連記事

  1. イタリア ミラノの美術館 ポルディ ペッツォーリをご紹介

  2. イタリア ミラノ郊外のキャラヴァッレ修道院をご紹介

  3. イタリア ミラノのミラノ市立自然史博物館をご紹介

  4. イタリア ミラノのノヴェチェント(1900年代)美術館をご紹…

  5. イタリア ミラノの美術館 ピレッリ ハンガー ビコッカをご紹…

  6. ルネッサンスの巨匠の技が光る サンタ マリア プレッソ サン…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ一覧
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。